ヴィノテーク2018年10月号

ヴィノテーク2018年10月号

いよいよ面白くなってきた日本のワイン。適地・適品種を求めて進化するワイナリーを取材。10月にこそ飲みたい「ひやおろし」特集も。

1,188円(税88円)

Pick up

  • 未来へ進む甲州

    長い歴史の中で日本になじみ、息づく甲州葡萄。この品種とそのワインは幾度の不遇を乗り越えてきたといえる。第一線で活躍する栽培・醸造家たちのチャレンジやその意志を追いかける。

  • オーストリアワイン最新事情

    ウィーンで開かれたワインイヴェント「第25回ヴィーヴィナム」の様子をレポート。着実に増え複雑化するDAC、グリューナー以外の品種の面白さを発見、ヴィンテージ2018収穫速報も。

  • 秋酒 ひやおろし

    冬から春先にかけて醸造した酒を秋まで寝かせ、程よく熟成した「ひやおろし」 酒どころ福島を訪問し、各蔵のこだわりのひやおろしを取材。「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」の日本酒旅も紹介。

目次

  • 日本ワイン特集

  • 動く日本ワイン 未来に突き進む甲州葡萄、甲州ワイン

  • 甲州の歩みを振り返る

  • 甲州に正面から向き合うワイナリー ――中央葡萄酒/勝沼醸造/丸藤葡萄酒工業/グランポレール/マンズワイン/シャトー・メルシャン

  • 甲州葡萄の可能性を広げる マンズワイン「酵母の泡」

  • サントリー登美の丘ワイナリー 世界を感動させる甲州を目指して

  • 探求を続け栽培・醸造技術で進化するシャトー酒折の甲州ワイン

  • 新進気鋭、話題のマグヴィスが取り組む甲州

  • 新ワイナリーでさらなる高みへ 躍動するマルスワイン

  • 探求と挑戦を重ねるシャトー・メルシャン 新たなるステージへ

  • サントネージュ かみのやまの精鋭農家を訪ねて

  • 「日本ワインの、美しい星になる。」 新生グランポレールが始動

  • 自社畑をフラッグシップに 高畠ワイナリーの発展を見る

  • 適地・適品種を求めて進化する日本ワイン

  • 田崎真也が唎く日本ワイン34種

  • 日本のワイン特集 バックナンバー

  • オーストリアワイン最新事情●蛯沢登茂子 ――DACと地理的階層/ソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワールとブラウフレキッシュ/ツヴァイゲルトの発展/ 新世代のローター・ヴェルトリーナー/ヴィンテージ2018収穫速報

  • Sakeヴィノテーク 秋、10月にこそおいしい「ひやおろし」

  • 秋酒 ひやおろし 刻が育んだ健やかな熟成の味わいを召し上がれ!

  • 田崎真也が唎く 秋酒・ひやおろし12種

  • 日本酒どころ福島で 歩いて見て唎いた「ひやおろし」●保田真代 ――榮川酒造/末廣酒造/大和川酒造店/大七酒造

  • 会津の地酒と旬の料理を堪能し、郷土文化に触れる日本酒旅 @星野リゾート 磐梯山温泉ホテル

  • ワインを詠む〈124〉 「高級ワインのラグジュアリー化を進める ラ・プラス」●山本昭彦

  • 葉山考太郎のワイン漫筆〈197〉 「人生初ソムリエ、ただ今絶賛大苦戦中」

  • 古酒礼賛+巡礼〈102〉 「エシェゾー・ヴージョ」●秋津壽翁

  • クローズアップワインNOW!!  ――フォリウム/キム・クロフォード/ヴーヴ・クリコ ビジネスウーマン アワード2018/映画『世界が愛した料理人』

  • 編集後記「ワインと食とSakeのある風景」

  • ワイン&Sake会カレンダー

  • イベントについて
  • ヴィノテークについて