ヴィノテーク2020年2月号

ヴィノテーク2020年2月号

ヴィノテークでは第8弾となるビオワイン、そしてヴァン・ナチュレル特集。梁世柱さんが、世界同時多発的に起こっている「クリーン・ナチュラル」の概念に注目し、今、ヴァン・ナチュレル、ビオワインをどうとらえるべきなのか、を論じる。 そして、昨年12月号に始まり、好評の振り返り企画、ヴィノテーク・アーカイヴの第3弾。ヴィノテーク・ファウンダーである有坂芙美子さんの編集前記からは今読んでも新しく、学ぶべきことがたくさんある。

1,540円(税140円)

Pick up

  • ビオディナミ生産者の熱い議論!

    昨年11月のラ・ルネサンス・デザペラシオン試飲会に来日した、各地でビオディナミを実践するトップ生産者たち。ロワールのマルク・アンジェリ、ジュラのステファン・ティソ、シャンパーニュのブノワ・フルーリー、ニュージーランドのジェームズ・ミルトン、オーストラリアのジュリアン・カスターニャ、スペインのクロ・レンティスクスのマネルとヌリア・アヴィーニョ親子、ハンガリー・トカイのマルタ・ヴィール=バウムカウフが亜硫酸を巡って熱い論議を交わした。

  • ニコラ・ジョリー再び

    ビオディナミの伝道師、ニコラ・ジョリー健在。16年前にインタヴューを敢行した葉山考太郎さんが再び挑むジョリー節。後継者である娘ヴィルジニーさんも同席したが、やはり主役はニコラだった。

目次

  • オーセンティックなビオワイン ヴァン・ナチュレル

  • Clean Natural Generation ●梁世柱

  • それからのニコラ・ジョリー●葉山考太郎

  • ぶれない、揺るぎないコノスル●吉田節子

  • ビオ & ナチュラルあ・ら・か・る・と

  • ――チリのコイレ/スペインのカン・スモイ/スイスのドメーヌ・ド・ブドン

  • ソムリエ田崎真也のTasting Review & Recommend Pairing 〜ビオワイン & ヴァン・ナチュレル〜

  • 「プロワイン・チャイナ」での発見と新・見聞●寺下光彦

  • 中国のナパ?? 寧夏自治区のワインとは

  • ヴィノテーク アーカイヴそのとき有坂芙美子が「見て」「感じて」「考えた」こと

  • ワインの芽・ワインの坩堝 by Mineo TACHIBANA

  • 古酒礼賛+巡礼〈116〉

  • Barone 1954

  • Editor's Pick

  • ――オルネッライア最高傑作2016/ミオネットのプロセッコ/シャンパーニュのある食卓2題 ドゥヴォー ポメリー/オルカのバイ・ザ・グラス・プロモーション結果発表/アルノー・ロバーツ来日

  • ヴィノテーク・スタッフのワインと食とSakeのある風景

  • ワイン会カレンダー

  • ワイン・バイイング・ガイド田崎真也セレクション〈164〉

  • ――ベストワインは超高額シャンパーニュ

  • イベントについて
  • ヴィノテークについて