ABOUT
ヴィノテークについて

ヴィノテークについて

ヴィノテークは1980年1月創立、日本で最も歴史があり、日本で唯一のワイン専門月刊誌『ワインと食とSakeの情報誌ヴィノテーク』
を発行する出版社です。現在、発行人は、日本人唯一の1995年度世界最優秀ソムリエである田崎真也です。

発行人 田崎真也より

1977年に渡仏し、帰国後ソムリエの道を歩み、ワインの世界に生きる中で、ワイン・メディアの変化で最も大きなものはインターネットの普及です。無償で提供される情報が圧倒的に多くなってきました。しかし、紙媒体が異なるのは情報の責任の所在が明確なこと。例えばインターネットでアトランダムに検索すると、間違った情報も多ければ、古い情報も混在しているのが実情です。そこで、ヴィノテークがワインの真のプロフェッショナルにとっても知識の根源となるよう、信頼できる情報を、そして資料的価値のある雑誌を提供する日本唯一の媒体であることを堅持していきたいと考えています。

田崎慎也

豊かなワイン&フード&Sakeライフの提案を

日本におけるワイン市場は決して大きくはありませんが、着実に伸び続けています。日本酒は近年、海外で大きく注目され、情報発信の重要性が高まっています。
ワインや日本酒、食をなぜ追いかけるのか。そこにストーリーがあるからです。世界に何千種ともある葡萄品種からなぜ、特定の品種がワインに向いているのか。なぜ、とても近い距離にある畑で、同じ品種の葡萄を用いても、味わいが変わるのか。造り手がどんな思いでワインを造ったのか。話を聞けば聞くほど、面白いのです。知れば知るほど、おいしく感じられる。だからやめられない。
私たちはワインと日本酒と食を伝えるプロフェッショナルとして、40年近くにわたる経験を積み重ねてきました。それらに裏打ちされた正確かつ深みのある情報を得て、ワイン、日本酒、食をもっと楽しめるようなストーリーを伝えていくこと、それが私たちの使命です。